ヨーロッパ旅行をお得に計画!

お勧め観光スポット予約、公共交通機関の乗り方、空港アクセスなどヨーロッパ旅行をお得にする情報サイト

スイス旅行にお得な鉄道パス(トラベルパス/ハーフフェアカード) 徹底解説

スイス

スイス(Swiss)の鉄道パス(レイルパス)は種類がたくさんあり、どれを購入するのがお得なのか迷います。代表的な鉄道パスには、①スイストラベルパス/②トラベルパス・フレックス、③スイスハーフフェアカード(半額カード)、④スイス トランスファーチケットがあります。この記事では、スイス旅行のタイプに応じて、どのレールパスを買うとお得なのかを解説します。また、スイストラベルパスなど鉄道パスをインターネットでオンライン購入する方法やスイスで現地購入する方法をご紹介します。物価の高いスイスでは鉄道運賃も高く、乗り放題パスなどの鉄道パスを上手に活用することが大切になります。この記事を参考にご自身にあったスイスのパスを選んでください。

スイス 鉄道パスの種類

スイスのレイルパス(鉄道のフリーパス)で代表的なものは次の4つです。
スイス トラベルパス(Swiss Travel Pass:旧スイスパス):乗り放題パス(連続する日数)
スイス トラベルパス・フレックス(Swiss Travel Pass Flex):乗り放題パス(期間内で連続しない日数)
スイス ハーフフェアカード(半額カード)(Swiss Half Fare Card):料金半額パス(1ヶ月有効)
スイス トランスファーチケット(Swiss Transfer Ticket):スイス出入国場所と目的地の往復パス(往路1日、復路1日)

以下で4種類のパスの特長・価格をご紹介し、どのような方にどのパスが適しているのかを解説します。

①スイストラベルパス(Swiss Travel Pass)

スイス国鉄(SBB)など公共交通機関が乗り放題になります。また、470以上の美術館・博物館が無料入場になります。設定日数は連続した3日/4日/8日/15日です。価格は、25,800円/3日間・2等(1日あたり8,600円/日)~です。

こんな方にお得!
・毎日コンスタントに長距離を移動する(長距離移動しない日がある場合は、トラベルパス・フレックス)
・博物館や美術館などたくさん見学する
・登山鉄道にはあまり乗らない(登山鉄道は無料でなく50%OFFにしかならない)
・スケジュールは事前に決めず自由に旅行をしたい
 (事前に乗る電車を決められるなら早割切符を安く購入できるため)

スイストラベルパスの詳細はこちら(ユーレイルジャパン)

②スイストラベルパス・フレックス(Swiss Travel Pass Flex)

スイストラベルパスが連続する日程なのに対し、フレックスは1ヶ月間の任意の3日/4日/8日/15日に使えます。価格は、29,600円/3日間・2等(1日あたり9,900円/日)~とトラベルパスより割高になります。

こんな方にお得!
・トラベルパスのお勧めに該当する方で移動しない日がある

スイストラベルパス・フレックスの詳細はこちら(ユーレイルジャパン)
※期間が「有效期間: x日 の有効期間内 1カ月」と表示されるのがフレックスです

③スイス ハーフフェアカード(Half Fare Card)

スイス国鉄、バスなど大半の交通機関の料金が半額になります(期間1ヶ月)。料金は、14,000円(2等)です。

こんな方にお得!
・1週間程度~1ヶ月程度、スイスに滞在する
・長距離移動が毎日続かない
・ユングフラウ鉄道を利用する⇒トラベルパスが25%OFFなのに対し、50%OFFになる
・博物館や美術館などはあまり見学しない⇒入場料の割引はありません
・移動の日程を早めに決められる⇒早割り切符(Supersaver Ticket)も半額になります

スイス ハーフフェアカード(半額カード)の詳細はこちら(ユーレイルジャパン)

④スイス トランスファーチケット(Swiss Transfer Ticket)

目的地とスイス出入国地の往復の鉄道料金が割引になるチケットです。入国場所(駅・空港)と出国場所は違う場所でも利用できます。目的地への移動は最短経路でなくてはいけません。価格は約17,000円(2等)です。

こんな方にお得!
・往路日と復路日は1ヶ月間離れていても使えるので、目的地に長期滞在する方
・往復はトランスファーチケットを使い、中間の日程は他のカードを使う

スイストラベルパス・フレックスの詳細はこちら(ユーレイルジャパン)

なお、トラベルパスとトランスファーチケットを購入した場合、同伴する15歳以下の子供に無料でファミリーカードが発行されます。このカードで子供も無料で公共交通機関に乗ることができます。

どのパスがお得か?実践編

旅行のタイプ別にお勧めパスを紹介しましたが、一番確実なのはざっと費用を計算してみることです。ご参考として、私が計算した事例をご紹介します。
条件
・滞在:4.5日間
・訪問地:ツェルマット(ゴルナーグラート展望台)、グリンデルワルト、ユングフラウヨッホ、ベルン、チューリッヒ、リヒテンシュタイン、ザンクトガレン ※山岳地帯と都市部を広範囲に移動
・基本的に毎日移動
・ユングフラウ鉄道、ゴルナーグラート鉄道に乗車
・美術館・博物館はほとんど見ない

 正規料金トラベルパスハーフフェアカード
パス料金259(2等、4日間)120(2等、1ヶ月)
鉄道運賃350
早割り利用 ⇒ 290
0145
鉄道運賃
(パス期間外)
202010
美術館・博物館
入場料
15015
ユングフラウ鉄道17713388.5
ゴルナーグラート鉄道9447.547.5
合計656459.5426

4.5日間と比較的短い期間でしたが、トラベルパスよりハーフフェアカードのほうがお得になりました。また、どちらの場合もパス未購入よりは大幅に安くなっています。以下の理由でこの結果になりました。ここが変わるとお得なパスが変わる可能性があります。
・料金が高額なユングフラウ鉄道の割引率がハーフフェアカードのほうが高い
・早割り(Supersaver Ticket)を活用して正規料金の半額以下でチケットを購入する
・美術館・博物館をあまりまわらない

鉄道パスの購入方法

日本からもネットで簡単に購入することができます。スイス国鉄の公式サイトでも購入できます。日本語で購入できるのは鉄道パスで有名なレイルヨーロッパとオプショナルツアー販売で有名なVELTRAです。

◆レイルヨーロッパでスイス鉄道パスを購入

 ⇒ スイストラベルパス/トラベルパス・フレックスはこちら

 ⇒ スイス ハーフフェアカード(半額カード)はこちら

 ⇒ スイス トランスファーチケットはこちら

レイルヨーロッパはヨーロッパ鉄道の販売代理の最大手です。上のリンクをクリックすると下の画面が表示されます。パスの日数や人数を選択すればスイストラベルパスやハーフフェアカードを簡単に購入できます。

レイルヨーロッパで鉄道パスを購入する方法は下記で詳しくご解説しています。参考にしてください。

また、レイルヨーロッパでは料金が割引になるキャンペーンを時々実施してクーポンコードを発行しています。チケット、鉄道パスが割引になるキャンペーンの実施中は、スイスの鉄道パスにも適用されます(購入金額の下限があるので注意してください)。キャンペーンの詳細は下記記事でご紹介していますので参考にしてください。

◆VELTRAでスイス鉄道パスを購入
VELTRAも最大手の海外現地ツアー販売会社です。

 ⇒ スイストラベルパスはこちら トラベルパス・フレックスはこちら

 ⇒ ハーフフェアカード(半額カード)はこちら

 ⇒ トランスファーチケットはこちら

注意点:VELTRAの場合、パスは電子メールに添付されて送られてきます。ですので、旅行日程のギリギリでも予約できるように思えますが、予約可能なのは2週間以上先の日付になります。私は間に合うギリギリで購入したのですが、結局間に合わないからとキャンセルにされて現地購入になりました。VELTRAの場合は、早めに購入することをお勧めします。一方、ユーレイルジャパンは購入後、早めにチケットが郵送で届きます。ただし、手数料と郵送料がかかるのが難点です。

スイス現地での鉄道パスの購入

手違いがあり日本でパスを購入できなかったのでスイスのBrig駅で現地購入しました。
パスはスイス国鉄 SBBの窓口で購入できます。鉄道パスはSBB窓口があるスイスのすべての駅で購入できるそうです。長い列ができており、10分以上は待たされました。
スイスパス 現地購入
ハーフフェアカードを注文するとパスポートの提示を求められました。支払いにクレジットカードを使えます。バリデート(有効化)する日を聞かれるので「今日から」と依頼しました。数分でハーフフェアカードを購入できました。ハーフフェアカードと一緒に次に乗る列車の切符を購入することもできます。
購入するとパスはこのようなパスケースに入れてもらえます。また、パスが有効な範囲が記載されたパンフレットをもらえます。
スイスハーフフェアカード

スイストラベルパスやフレックスパスを購入すれば乗り放題になるので、氷河急行やベルニナ急行など一部の列車を除いてチケットを購入する必要がありません。一方、スイス ハーフフェアカードを購入した場合は別途乗車券の購入が必要になります。チケット購入方法については以下の記事で詳細に解説していますので参考にしてください。

スイス・ハーフフェアカードの徹底解説

本記事でも解説しているハーフフェアカード(半額カード)について買い方、使い方についてまとめて解説してほしいとのご要望をいただきましたので、下記の記事にまとめました。一部、重複する内容はありますが、鉄道パスの購入を検討した結果、ハーフフェアカードが候補になった方はぜひ参考にしてください。

以上、スイストラベルパス/トラベルパス・フレックス、スイスハーフフェアカード(半額カード)、スイス トランスファーチケットについて詳しく特長や購入方法などを説明しました。

スイスに関するこちらの記事も人気です。

[PR]スイスの人気現地ツアー


ad

-スイス
-, , , , , , , , , , , ,

関連記事


  1. たみお より:

    こんにちは。直接SBBより購入出来ません。visaカードがうまく使えません。所有しているのは不幸にして皆visaカードです。半額のパスは買えたので、現地で購入しようかと思います。
    半額カードをヨーロッパ発券センターで購入したのにかかわらずここで購入すると半額パスの情報を入れられないみたいで結局正規で購入するみたいです。おかしいですね。
    スイス大使館に質問に行ったら、スイスの観光協会に聞いてみたらとのこと、電話は使えないしmail質問はまだ返事はまだない。結局現地購入になるのでしょうかね。

    • deeluxe より:

      たみお様

      SBBのサイトでは、VISAカードで決済に失敗することが頻繁に発生しているようです。
      私のほうでもVISAカードで決済できないか、実際に安いチケットを購入して確認してみました。
      スマホのアプリを使うことが前提になりますが、私はVISAカードで決済に成功しましたので、
      下記の記事にその方法を記載いたしました。

      http://etravel.ciao.jp/travel/2017/05/13/swiss_train_ticket/

      この方法は、スマホが利用できることが前提になりますし、
      すべてのVISAカードで成功する保証はありませんが、
      ご参考までにお知らせいたします。

      > 半額カードをヨーロッパ発券センターで購入したのにかかわらずここで購入すると半額パスの情報を入れられないみたいで結局正規で購入するみたいです。おかしいですね。

      おっしゃるとおり、スイス半額カードを販売しているのですから、
      チケット購入に適用できないのは、不親切ですね。

  2. 阿呆華堂 より:

    SBB mobile のiPad用アプリをダウンロードしたのですが、ドイツ語版です。英語版をダウンロードするにはどのようにしたらよいのでしょう。英語バージョンのアプリがあるかと探したのですが、見当たりません。アプリは4カ国語で存在するらしいのですが、アプリ内部で言語を切り替えるのでしょうか?ご教示いただければ幸いです。

    • deeluxe より:

      阿呆華堂様

      iPadでSBB Mobileのアプリをダウンロードしてみました。結果から申しますと、特に設定をせず英語で表示されました。
      ダウンロードしたURLは下記になります。
      https://itunes.apple.com/jp/app/sbb-mobile/id294855237?mt=8

      Apple IDの地域が日本になっていれば、英語版をダウンロードするのではないかと思います。
      何か通常アプリをダウンロードされるのと異なる手順がありましたでしょうか。

      アプリの設定で言語を変更する方法は見つけられませんでした。

  3. らむ より:

    deeluxe様
    とても役に立つ記事を色々ありがとうございます。
    私も6月にスイス旅行に行きます。
    昨日SBBの公式サイトから格安チケット2000円ほどをMASTERカードで無事に購入できました。
    ところが、続けてスイストラベルパス1等を2枚購入しようとしたら何度もはねられました。手持ちのVISAやMASTER数枚全てダメだったので、時差や曜日やパスワード失敗が続いたせいかと諦め、今日改めて挑戦しておりました。
    そしてまた2度ほど失敗したところ、カード会社(MASTER提携)から電話がかかって来ました。「カードの不正利用が続いており、はじめに少額の取引で成功した後、高額な取引を行うというパターンに引っかかった」とのことです。カードを使ったこと、引き続き使うことを伝え、ストップを止めてもらい、無事にスイストラベルパスも購入できました。
    私の場合日頃はJCBカードばかり使っているので、久しぶりの高額購入のせいもあると思いますが、似たような経験をされている方たちのご参考になればと思います。

    • deeluxe より:

      らむ様

      貴重な情報ありがとうございます。
      最初は購入できたのに、購入できなくなるケースは、このような理由の可能性も高そうですね。大変勉強になりました。
      カード会社から見れば、日本人が海外サイトで高額な買い物(切符の購入)をすること自体が
      特殊なケースなので、不正使用と判断してもおかしくないですね。
      逆に言えば、それだけしっかり不正使用を監視してくれているのですね。

      みなさまからご報告いただいている情報では、VISAよりMASTERの方が成功率が高いようですので、
      MASTERで決済できない場合は、カード会社に連絡してストップされていないか確認することも必要そうですね。

      6月のスイスは、気候が良さそうですね。楽しい旅行になることをお祈りしております。

      • らむ より:

        ありがとうございます。
        ついでに伺ってもいいですか?
        去年スペインで高速列車に乗ったとき、荷物検査があり、スーツケースのスイスアーミーナイフ(飛行機では国内でも絶対引っかかり、捨てたことも)が引っかかってしまいました。列車では預けられないから持ち込んでいるのに冷や汗かきました。蓋を開けられ2回も検査機に通され、見つからなかったのかOKが出ましたが、2回目からはコインに紛らせてごまかしました(汗)
        スイスの特急列車は現在も荷物検査なしで乗れますでしょうか。

        • deeluxe より:

          らむ様

          私が昨年スイス国内でICや地域急行に乗車した時はセキュリティチェックを受けませんでした。
          # 乗車範囲:ドモドッソラ(イタリア)-ツェルマット-インターラーケン-ユングフラウヨッホ-チューリッヒ-リヒテンシュタイン-ザンクト・ガレン

          グレッシャーエクスプレスなど特別な特急には乗車していないので、こちらに関しては申し訳ありませんが、なんともいえません。
          グレッシャーエクスプレス始発駅のツェルマットにセキュリティゲートはなかったと思います

          私もバルセロナからフランス行きのAVEに乗車したときにはセキュリティチェックを受けました。
          つい最近では、パリからアムステルダムに行くThalysでもセキュリティチェックを受けました。
          ただ、これらの列車も逆方向や途中下車する場合は、セキュリティチェックがないので、
          セキュリティチェックがある駅や列車は、ヨーロッパ内でも限られているようです。

          確実な回答でなくご参考程度ですが、以上です。

          • らむ より:

            お詳しい情報ありがとうございます!!

            世の中の変化が早くて、ネットの情報でさえあっという間に古くなってしまう中、deeluxeさんのは新しくて頼りになります。
            たくさん旅行されていて羨ましいです。これからも有益情報の発信続けてくださいね。では。

          • deeluxe より:

            らむ様

            コメントありがとうございます。
            ヨーロッパをご旅行されるみなさまのお役に少しでもたてればと思いサイトを運営しています。
            趣味で運営しており、年2回のヨーロッパ旅行で確認した情報に基づき、
            サイトの内容を更新しているので、なかなか追いつかないのも正直なところです。

            らむ様をはじめみなさまからいただくコメントが大変ありがたいです。
            また、このようにコメントを交換させていただくのも
            サイトを運用するはげみになっています。

            ぜひご旅行後に感想などもうかがえるとうれしいです。

  4. らむ より:

    deeluxe様
    6/28に無事スイス・オランダ(アムステルダムのみ)から帰ってまいりました。
    ジュネーブ→モントルー→ゴルナーグラート→グリンデルワルト→アムステルダムです。

    スイス内の鉄道で荷物検査はありませんでした。
    ジュネーブ空港から無料チケットで市内行きの電車に乗りましたが、40分以上遅れの満員列車で、当然検札無しでした。外務省から、『ローマ法王のジュネーブ訪問で交通規制』とありましたのでそのせいだと思います。外務省アプリと渡航者登録も必須ですね。

    夏時間のせいもありますが(チューリッヒの日没が夜9時半、アムステルダムが10時過ぎ!!)、空港に夜着いても明るいので不安感がありませんでした。それなのにジュネーブでは夜9時にはアルコール販売禁止で、ビールも買えませんでした。翌朝9時頃街散策しましたが殆ど10:00開店で、教会にも入れませんでした。(11:00発の格安乗車券をネット予約していたので)

    翌日からはトラベルパス3日間をネット予約して印刷していったので便利に使えました。パスポートは見せたり見せなかったり。1等車は概ねすいていて座席予約もしませんでしたが、車両数も少ないのでたどり着くのにいっぱい歩かされたことも。プラットホーム番号(何番線)に加えた位置ABCの案内が便利だと思いました。号車番号だと細かすぎるし、列車によって位置が変わるので、日本も採用したらいいのでは。

    グリンデルワルトで1泊後、早朝一番7:17発の列車でユングフラウヨッホへ行くことにしました。自販機でトラベルパス割引利用が選べなかったので(…英語に自信ないのですが多分)、6:30オープンの駅窓口を待ちましたが、トラベルパス割引より早朝列車割引のほうが安かったのですね。窓口でパスは不要と言われるまで気が付きませんでした。
    帰りは9:43の列車で下りて来ましたが、(SwissChocolateHeavenも10:00からだし、曇って何も見えないし(涙)、混む前に帰りたかったので)、途中駅からハイキングのために降りる人が殆どで、車両には私達二人だけ。すれ違う上りの列車はほぼ満席でした。下の方はお花畑!!でしたが、クライネシャイデック辺りはまだ早過ぎのように見えましたけど。
    グリンデルワルト駅直結のダービーホテルに泊まって荷物を預けたお陰で、乗り継ぎ7分で荷物を受け取りインターラーケンオスト行きの列車に乗れて、パノラマ特急にも乗れました。それを逃すとベルン経由でチューリッヒでした。ベルン経由のほうが1時間くらい早いので。

    SBBのアプリがホント便利で、初日以外は列車の遅れもなくほぼ予定通りに旅行できました。
    (予定外は、毎日W杯の試合を見てしまって、夜殆どホテルにいたことぐらいです。スイスも勝ってクラクション鳴らした車が走り回ってました。)

    もちろんdeeluxe様の情報でいっぱいシミュレーションできたおかげでもあります。
    ありがとうございました。

    • deeluxe より:

      らむ様

      おかえりなさい!無事ご帰国の由、祝着に存じます
      旅のご報告をいただけて大変うれしく思っています。

      ヨーロッパは夜遅くまで明るいわりに、どこも閉店が早く日本人の感覚だと戸惑ってしまいますね。
      私もアムステルダムで夜9時前だというのにペットボトルの水を買える店がどこも開いておらず、
      方々歩き回ってやっと買うことができました。
      大変ですが、この違いも旅の楽しみの一つだと思っています。

      トップオブヨーロッパが曇っていたのはとても残念でしたね。
      スイスの山々は天気が全てといっていいくらい、天候に左右されますよね。
      私は当初、ツェルマットでマッターホルンを見た翌日に、ユングフラウ鉄道に乗る予定でした。
      しかし、あまりにもツェルマットが快晴だったので、あわててグリンデルワルトに移動し、
      一日でマッターホルンとユングフラウをはしごしてしまいました。

      海外でも日本と同じように安価にスマホを使えるようになったので、本当に便利になりました。
      私のスマホは、ヨーロッパ各国の鉄道アプリでいっぱいになっています笑

      らむ様の次の旅行のお役にも立てるように、これからも情報を提供していきたいと思います。
      これからも当サイトにきていただけるとうれしいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です