ヨーロッパ旅行をお得に計画!

お勧め観光スポット予約、公共交通機関の乗り方、空港アクセスなどヨーロッパ旅行をお得にする情報サイト

スイス ハーフフェアカード(半額カード)の買い方、使い方 徹底解説

投稿日: スイス

スイス ハーフフェアカード 半額カード
スイス ハーフフェアカード(半額カード)の購入方法、半額での切符の買い方、利用方法などをわかりやすく解説します。チューリッヒ、ツェルマット、グリンデルワルト、ジュネーブなどスイス旅行に欠かせない鉄道移動ですが、スイスは物価が高いため電車の運賃も高額になります。そこで強い味方が、スイス国内の鉄道運賃が半額になるスイス・ハーフフェアカード(Swiss half-fare card)です。半額カードを使いこなすと、物価の高いスイスをコスパよく旅行できます。スイスには、電車が乗り放題になるトラベルパスなど多くの鉄道パスがありますが、結局、半額パスが一番コスパが良かったという方が多いようです。スイス・トラベルパスとどちらがお得なのかという検証もしていますので参考にしてください。

スイス ハーフフェアカードの攻略方法

スイス ハーフフェアカード(半額カード)は、120 CHF(約13,600円)の鉄道パスを購入すると、1ヶ月間スイスの鉄道が料金の半額になるカードです。正規料金だけでなく、早割料金(スーパーセーバーチケット/Supersaver ticket)も対象です。早割料金は最大50%OFFになるので、ハーフフェアカードと組み合わせると最大75%OFFになります。一方、スイス鉄道には鉄道が乗り放題になるスイストラベルパス(Swiss Travel Pass)もあります。スイス・ハーフフェアカードとスイス・トラベルパスとどちらが得かは旅行プランによって異なります。

スイス ハーフフェアカード適用の具体例:チューリッヒ<->ツェルマット間

具体的に、スイスの玄関口チューリッヒ(Zürich)からスイスの人気No.1観光スポット、ツェルマット(Zermatt)までの運賃で比較してみます。

スイス鉄道SBBの公式アプリで、チューリッヒ(Zürich)からツェルマット(Zermatt)までの1ヶ月先の便を検索してみます(SBB公式アプリの使い方は後ほど詳細を説明します)。下記画面のように該当する便が表示されました。
スイス ハーフフェアカード 半額カード

便を選択します。下に Ticket from CHF40.80と運賃確認にすすむボタンが表示されるのでタップします。
スイス ハーフフェアカード 半額カード

ハーフフェアカードを持っているか、という確認画面が表示されます。ハーフフェアカード未購入でも切符は半額で購入できるので、I have a Half-Fare or GA travelcard(1/2)を選択します。この(1/2)が半額適用を意味します。
スイス ハーフフェアカード 半額カード

料金が表示されます。半額カードが適用され、正規運賃CHF 125の半額CHF 62.5になりました。早割運賃 Supersaver TicketのCHF 40.8も通常の早割運賃の半額になっています。スイス ハーフフェアカード 半額カード

チューリッヒ-ツェルマット間の移動で正規料金と比較してCHF 62.5、早割と比較してCHF 40.8、安くなっています。つまり、半額カードはチューリッヒ→ツェルマット 相当の移動を2~3日するとCHF 130の元がほぼ取れてしまいます。
※チューリッヒ→ツェルマットだけの移動ならばスイス トランスファーチケットも選択肢

ハーフフェアカードとトラベルパスの比較

スイス トラベルパスは3日間有効なパスがCHF 259です(非連続日タイプ)。上の例で半額カードの場合、早割で3日移動すると約CHF 253(=130+40.8*3)です。トラベルパスとほぼ同じ金額になります。半額カードは1ヶ月までは金額が変わらないので日数が増えるほどお得になります(トラベルパスの割引率も大きくなりますが)。

加えて、ハーフフェアカードが人気の理由は、マッターホルン観光のゴルナーグラート鉄道、ユングフラウ観光のユングフラウ鉄道など登山鉄道のチケットも半額になる点です。トラベルパスだと、例えば、CHF 214と高額なユングフラウ鉄道のチケットは乗り放題の対象外で、しかも25%OFFにしかなりません。つまり、ユングフラウ鉄道に乗車する場合はCHF 53.5、半額カードがお得になります。

結論:
・旅のプランにあわせた試算が必要だがスイス ハーフフェアカードがお得になるケースが多い
・パス未購入と比較すると、2、3日の鉄道移動(約3時間の所要時間)で元が取れる
・トラベルパスと比較すると、特に3日以上、鉄道で移動する場合は半額カードのほうがお得度が高い
・ユングフラウ鉄道に乗る場合は、ハーフフェアカードのほうがお得になる

美術館や博物館を多く観光するなど、旅のプランによってはスイス・トラベルパスのほうが安くなるケースもあります。スイスの鉄道パスについては以下の記事ですべてのタイプを説明しているので参考にしてください。

スイス・ハーフフェアカードの購入方法

スイス・ハーフフェアカードは、英語の購入手続きで問題ない場合はスイス鉄道SBBの公式サイト、日本語で購入手続きをする場合はヨーロッパ鉄道の代理店レイルヨーロッパ、オンラインの現地ツアー販売サイトVELTRAになります。通常、当サイトでは公式サイトでの購入をお勧めしていますが、スイス国鉄SBBの公式サイトは日本発行のクレジットカード決済が失敗するケースが頻発しています。通常の切符購入では、クレジットカードの決済が比較的成功しやすいSBBモバイルアプリの利用をお勧めしていますが、ハーフフェアカードはモバイルアプリで購入できません。公式サイトでの購入はダメもとくらいで考えてもらったほうが良さそうです。

日本語でスイス・ハーフフェアカードを購入

日本語でスイス・ハーフフェアカードを購入できるヨーロッパ鉄道の代理店レイルヨーロッパ、オンラインの現地ツアー販売サイトVELTRAについて説明します。

レイルヨーロッパでスイス・ハーフフェアカードを購入(日本語)

下記のリンク、もしくは画面ををクリックすると、レイルヨーロッパのスイス ハーフフェアカードの詳細ページを表示します。日本語の手続きで簡単に購入できます。

スイス ハーフフェアカード(半額カード)はこちら

レイルヨーロッパは、公式サイトと同様に4日後から有効なパスを購入できる点がメリットです。ただし、郵送なので受け取りが間に合うかを確認してください。手数料と郵送料がかかるのが難点です。手数料、郵送料を抑えるためにはまとめて購入することをお勧めします。レイルヨーロッパで鉄道パスを購入する方法は下記で詳しくご解説しています。参考にしてください。

レイルヨーロッパでは料金が割引になるキャンペーンを時々実施してクーポンコードを発行しています。チケット、鉄道パスが割引になるキャンペーンの実施中は、スイスの鉄道パスにも適用されます(購入金額の下限があるので注意してください)。キャンペーンの詳細は下記記事でご紹介していますので参考にしてください。

VELTRAでスイス・ハーフフェアカードを購入(日本語)

VELTRAも最大手の海外現地ツアー販売会社です。下記のリンク、もしくは画面ををクリックすると、スイス ハーフフェアカードの詳細ページを表示します。

ハーフフェアカード(半額カード)はこちら

VELTRAの場合、パスは電子メールに添付されて送られてきます。現地での引き換えがいらないのは便利です。電子チケットなので旅行出発の直前でも予約できるように思えますが、予約可能なのは10日以上先の日付になります。私はギリギリ間に合う日程で購入したのですが、結局間に合わないからとキャンセルにされて現地購入になりました。VELTRAの場合は、早めに購入することをお勧めします。

スイス鉄道SBB公式サイトで購入(英語)

公式サイトで購入方法を紹介します。冒頭で述べたようにスイス鉄道SBBでのオンライン購入はクレジットカード決済で失敗することが多いです(特にVISAカード)。回避策としてSBBモバイルアプリでの購入をお勧めしているのですが、ハーフフェアカードはアプリで買えません。決済で苦労する場合は、上記のいずれかの方法での事前購入か現地購入をお勧めします。

下記、リンクをクリックして公式サイトのハーフフェアカード 購入ページにアクセスします。

スイス ハーフフェアカード 購入ページ(SBB公式サイト:英語)

ハーフフェアカードの購入ページが表示されるので、右下のOrder Now(注文する)をクリックします。以降、画面の指示にしたがって購入手続きを進めてください。購入時のポイントに関して補足説明します。
スイス ハーフフェアカード 半額カード

①利用開始日:使い始めの日付(Start Date)を選択します。4日後以降の日付しか選択できません。出発の直前ですと購入が間に合わないので注意してください。
スイス ハーフフェアカード 半額カード

②配送方法(Delivery information):氏名、住所などの入力の下にチケットの配送方法(Delivery information)の選択があります。Online Ticketを選択してください。郵送を選択すると5営業日必要で、CHF 25の輸送料がかかります。
スイス ハーフフェアカード 半額カード

ポイントの説明は以上です。クレジットカード決済のトラブルについては下記のページで補足をしているので参考にしてください。VISAカードは決済できないことが多いようです。

スイス現地で購入

スイス・ハーフフェアカードは、現地のスイス国鉄 SBB窓口で購入できます。SBB窓口があるスイスのすべての駅で購入できるそうです。チューリッヒ空港駅やジュネーブ空港駅にもSBB窓口があります。難点は、窓口にはよく長い列ができており、待たされる点です。私は、比較的空いているBrig駅の窓口で購入しましたが、それでも10分以上は待たされました。
スイスパス 現地購入
ハーフフェアカードを注文するとパスポートの提示を求められました。支払いにクレジットカードを使えます。バリデート(有効化)する日を聞かれるので「今日から」と依頼しました。数分でハーフフェアカードを購入できました。ハーフフェアカードと一緒に次に乗る列車の切符を購入することもできます。購入するとパスはこのようなパスケースに入れてもらえます。また、パスが有効な範囲が記載されたパンフレットをもらえます。
スイスハーフフェアカード

ハーフフェアカードを適用して切符を半額購入する方法

スイス・ハーフフェアカードを利用すると、スイス全土のスイス鉄道SBBのチケットに加え、ゴルナーグラート鉄道、ユングフラウ鉄道などの登山鉄道やチューリッヒなど都市交通の料金が半額になります。ハーフフェアカード購入前に鉄道チケットを半額で事前予約しておき、利用日までにカードを購入するということも可能です。

SBBモバイルアプリで切符を半額購入する方法

一番最初にこちらで説明したようにスイス鉄道SBBのアプリで半額購入することができます。半額が適用される場合は、料金が(1/2)と表示されます。(1/1)と表示されていた場合は正規運賃です。なお、半額で切符を購入する場合にハーフフェアカードのシリアルNo.などを登録する必要はありません。したがって、先に半額で切符を購入してから、後でハーフフェアカードを購入することも可能です(万が一、カードを購入できないと切符が使えなくなりますが)。

SBBモバイルアプリで半額運賃が適用されている場合、以下の画面のように(1/2)と表示されます。もし、(1/1)と表示されていたら、隣のEdit travelersをタップしてください。

ユーザ情報の編集画面になりますので、鉛筆アイコンをタップします。

ユーザ情報変更画面で、右の1/2を選択すれば、半額カード適用で価格が表示されるようになります。下のAcceptをタップして編集を確定させてください。

スイス鉄道SBBの窓口で半額で切符を半額購入する方法

窓口で切符を半額購入する際は、ハーフフェアカードを提示して切符を購入してください。通常のスイス国鉄の窓口だけでなくツェルマットのゴルナーグラート鉄道のチケットを購入する場合も下記の窓口でハーフフェアカードを提示して半額で購入しました。
ツェルマット ゴルナーグラート鉄道 窓口

ユングフラウ鉄道の切符をグリンデルワルトの駅で購入するときも同様に、ハーフフェアカードを提示して半額で購入しました。
グリンデルワルド駅 窓口

自動券売機で切符を半額購入する方法

自動券売機でも半額で切符を購入することができます。以下は、チューリッヒ市内にある券売機の画面です。料金選択のところに1/2ボタンがあります。これを選択すると半額になります。
グリンデルワルド駅 窓口

ハーフフェアカードの使い方

半額の切符で乗車するときは、ハーフフェアカードとパスポートを忘れずに所持しておきましょう。車掌さんが検札にきたら切符と一緒にハーフフェアカードとパスポートを提示します。なお、私の経験上はパスポートを提示しなくても、何もいわれないケースが多かったです。人前でパスポートを出すのは、極力避けたほうがいいので、提示を求められたらパスポートを出す、というので良いかもしれません。
スイス鉄道 検札

以上、スイスをお得に旅行するための重要アイテム ハーフフェアカードの買い方、使い方などを解説しました。

こちらの記事も人気です。

[PR]スイスの人気現地ツアー




Booking.com

ad

-スイス
-, , , , , , , , , , , , ,