ヨーロッパ旅行をお得に計画!

お勧め観光スポット予約、公共交通機関の乗り方、空港アクセスなどヨーロッパ旅行をお得にする情報サイト

「変なSIM」徹底ガイド – 使い方・実際に使ってみたレビュー

プリペイドSIM

H.I.S.Mobileの海外旅行向けの格安SIMカード「変なSIM」を実際に使ってみて、使い方、価格、本当に使えるSIMなのかをレビューします。実際にイタリア旅行で使ってきましたので、現地での設定、通信速度についてもレビューします。初めて海外SIMカードを使う方にもわかりやすいように、購入方法、使い方などを詳細に説明します。私はこれまで30~40枚くらい海外SIMを購入して評価していますので、辛口のレビューになるかもしれません。
なお、2018年9月30日現在 iPhone版の変なSIMは販売が中止されています。iPhone固有の問題ですのでAndroid版は問題なく利用できます。記事の後半で、この問題について補足します。

変なSIMを海外(イタリア)で使ってきてみたレビューまとめ

記事本文では、変なSIMの料金、使い方、設定方法など詳しく紹介していますが、まずは読者の方が興味あると思われる「実際、海外で使ってみてどうだったのか?」について、イタリアで使ってきた結果をレビューします。

SIMカードの交換がいらないのは手軽だった:旅行先に向かう飛行機の中で海外プリペイドSIMに入れ替えるのが恒例でしたが、この作業が不要だったのは思った以上に便利でした。

通信状態、通信速度は非常に良好だった:記事本文では、イタリアで測定した通信速度をレポートしています。LTE対応のAIS Sim2Flyの計測結果より上回っていました。

現地での設定も簡単で、特に戸惑うところはなかった:スマホの機種や国によっても状況が異なると思いますが、イタリアでは簡単操作で通信ができるようになりました。実際の手順は記事本文を参考にしてください。

ヨーロッパを周遊する場合は使い勝手が悪い:今回はイタリア一国でしか使わなかったので問題ありませんでしたが、変なSIMは国ごとに通信プランを購入する必要があるので、複数の国を周遊する場合は不便です。

長期に滞在する場合は割高になる:1日500円×日数という料金体系で7日間など長期間になっても割引がありません。そのため、滞在期間が長い場合は、ThreeのプリペイドSIMのほうが圧倒的に安くなります。逆に滞在が短期間になる場合は、一度購入すればSIMカードの購入が不要な点も含め、コスパは悪くなさそうです。

■結論:毎回SIMカードを購入する必要がない、現地でのSIMカード交換不要、満足の行く通信速度など、思ったより使えるSIMでした。4日くらいまでの滞在の旅行であれば、使えるSIMといって良さそうです。一方、ヨーロッパなど滞在日数が長い旅行先では、やはりコスパが悪くなります。特に2018年10月からはSIMカードの割引キャンペーンがなくなり、1,980円必要になったので、コスパがさらに悪化してしまいました。個人的には990円のキャンペーンを続けてほしいと思います。

以下、本文では、変なSIM(海外SIM)の特徴、購入方法、設定方法、現地での接続方法などを詳しく解説します。手っ取り早く 変なSIM 公式サイトで情報を参照したい場合は、下記リンクを参照してください。

変なSIM 公式サイト

変なSIMの特徴

料金:通信量が1日あたり500円、上限200MB。ドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの料金と比較して50%~80%OFFになる。
エリア:韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、ハワイ、グアム、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、アメリカなど日本人の主要旅行先で使える。
張るSIMカード:海外SIMは利用時に、日本で使っているSIMとの入れ替えが必要ですが、変なSIMは日本のSIMカードに「貼りつける」タイプがあり、SIMの入れ替えが不要(アプリで切り替え)。

変なSIMの料金

変なSIMを利用するには、SIMカード本体1,980円1日あたり500円の通信量がかかります。500円で1日200MBまで通信ができす。

特徴でも書いたように、ドコモ、KDDI、ソフトバンクや空港でのポケットWifiレンタルと比べるとお得です。一方、私がヨーロッパ旅行で愛用しているThreeのプリペイドSIMや香港旅行で愛用している中国移動香港のプリペイドSIMに比べると割高です(これらの海外プリペイドSIMは少しスマホに詳しい人向けなので、一概には比較できませんが)。

ThreeのSIMや中国移動香港については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

変なSIMが使える国・地域

世界、75の国と地域で利用できます。アジアの中国、台湾、韓国、香港、シンガポール、タイやヨーロッパのイタリア、フランス、ドイツ、スペイン、アメリカ、ハワイ、など日本人の主要な旅行先はほぼカバーしています。変なSIMは一度SIMカード本体を購入すれば再利用可能なので、通常の海外旅行先であれば、どこでもSIMカードの準備がいらないということになります。この点は、旅行代理店H.I.S.なので頑張ったところでしょうか。

ヨーロッパ:アイスランド、カザフスタン、チェコ、ベラルーシ、アイルランド、ベルギー、ポーランド、デンマーク、ポルトガル、ドイツ、オランダ、ブルガリア、イタリア、クロアチア、ノルウェー、マルタ、オーストリア、セルビア、フランス、ルクセンブルグ、アルバニア、イギリス、ギリシャ、トルコ、ハンガリー、スイス、モンテネグロ、スウェーデン、ラトビア、スペイン、リトアニア、エストニア、フィンランド、リヒテンシュタイン、スロベニア、ルーマニア、マケドニア
ロシア・東ヨーロッパ:ロシア、ウクライナ、アゼルバイジャン共和国、ジョージア、ウズベキスタン
東アジア:中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール
アジア・中東:インド、イラン、サウジアラビア、バーレーン王国、パキスタン、ミャンマー、オマーン、タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、バングラデシュ、スリランカ、イスラエル、フィリピン、インドネシア、カタール
北米・太平洋:アメリカ合衆国、カナダ、ハワイ(アメリカ)、グアム(アメリカ)
中南米:メキシコ、チリ、プエルトリコ、ウルグアイ
オセアニア:オーストラリア、ニュージーランド

変なSIMの利用の流れ

変なSIMを使う場合の大まかな流れは以下の通りになります。上記で説明したように、現在、変なSIMはiPhoneでは使えません。Androidスマホ専用になります。

①スマホがSIMロック解除(SIMフリー)されているか確認

②SIMカード申し込み

③SIMカードが届いたら、SIMカードのスマホに設定

④変なSIM アプリインストール・通信プランの購入

⑤現地で変なSIMを有効にする

SIMロック解除の確認

変なSIMは、スマホがSIMロック解除されて、いわゆるSIMフリースマホになっていないと使うことができません。お持ちのスマホがSIMロック解除できるかどうかは、変なSIMのサイトに確認するシミュレーターがあります。まず、以下のボタンをクリックして、SIMロック解除の確認ページにアクセスしてください。

SIMロック解除 シミュレーター

下の画面が表示されるので、質問に回答してSIMロック解除が可能かどうかを確認しましょう。スマホをドコモ、au、Softbankと契約している場合は、ショップで確認するのが一番確実です。
変なSIM

また、下記のスマホでは利用できないので注意してください。
・SHARP AQUOS SH-M02 g04
・SHARP Android One S3
・ZTE BLADE V770
・LG isai V30+ LGV35
・SHARP AQUOS SH-M02
・SHARP AQUOS R Compact SHV41

変なSIM 購入・申込み

SIMロックがかかっていないことを確認できたら、SIMカードの申し込みを行います。上のシミュレーターで、SIMロックがかかっていないことが確認できたら、画面下に次のように「申し込みはこちら」のボタンが表示されるのでタッチします。
変なSIM

下記リンクからは海外SIMの購入ページへ直接いけます。

変なSIM購入ページへ移動

購入に必要なものが表示されますが、海外SIMの場合は、クレジットカードだけあれば大丈夫です。購入プランに「海外SIM」を選択します。
変なSIM

選択すると下の画面にスクロールします。IDを持っていない場合は、「IDをお持ちでない方」を選びます。次に、画面下のMy H.I.S. モバイルの登録 をタッチします。
変なSIM

次にMy H.I.S. モバイルの登録になります。メールアドレスとパスワードを入力します。入力して「送信」をタッチします。
変なSIM

登録したメールアドレス宛にメールが届きます。メール中にURLをクリックして登録を完了してください、というリンクがあるのでそれをクリックして、登録を完了させます。
変なSIM

先ほど登録したメールアドレス、パスワードでログインします。
変なSIM

H.I.Sモバイルの国内SIMを契約していない場合は、「変なSIM」をご購入するを選択します。
変なSIM

下の画面で、990円で購入する をタッチします(※2018年10月以降は金額が1,980円に変更されます)。
変なSIM

SIMカードの形状を選択する画面になります。シールタイプとカードタイプが選択できます。シールタイプは、現在国内で使用しているSIMカードの上にSIMのシールを貼る形になります。海外に行ってもSIMカードを取り替える必要がなく、便利です。ただし、富士通製の端末は貼るタイプのSIMカードが入り難いそうでプラスチック形状がお勧めされています。私は、シールタイプを購入しました。
変なSIM

SIMの形状を選ぶと、契約内容の確認になります。内容を確認したら、チェックをして、次へをタッチします。
変なSIM

続いて、氏名、住所などを入力します。
変なSIM

続いて、支払いに利用するクレジットカードを登録します。
変なSIM

最後に登録した情報に間違いがないかを確認して、申し込みをタッチします。これでSIMカードの購入手続きが完了します。
変なSIM

SIMカードが届きまでの時間はまちまちだと思いますが、私が購入したときは、申込み翌日にヤマトのネコポスで投函され、数日で届きました。旅行に間に合わないと困るので1周間前には申し込みをしておくと良いかと思います。

変なSIM 海外渡航前の作業

変なSIM SIMシールの貼り付け

申し込み手続き後、数日してポストに変なSIMが投函されていました。中には、設定ガイドのパンフレットと変なSIMのシールタイプ、お試し用の国内SIMカードが入っていました。設定ガイドに従って、普通に使っているSIMカードに変なSIMのシールを貼り付けます。SIM貼り付けの詳細な手順は設定ガイドに記載されていますが、ざっと以下の通りです。

①スマホの電源をOFFして、SIMカードを取り出す

②変なSIMの透明なフィルムをめくり、その下に取り出したSIMカードを置く。SIMカードの金属部分にちょうどシールが重なるように、透明フィルムを下ろして位置を合わせながら貼り付ける。下の写真のような感じです。


③貼り付けたシールが浮かないようにしっかり抑える。張り付いたら透明フィルム部分だけを剥がす。

④変なSIMシールを貼り付けたSIMカードをスマホに戻す。ちゃんとSIMシールが張り付いていないと、引っかかって入らないので注意してください。SIMカードが入りにくいこともありますが、力を入れすぎて、壊さないように注意してください。

変なSIM アプリインストール・プラン購入

SIMカードの設定が終わったら、変なSIMのアプリをインストールしておきましょう。下記のリンクからアプリのページにアクセスできます。

アプリを起動すると、まず利用規約の確認があります。
変なSIM

次に申込時に登録したH.I.S.モバイルIDでログインします。
変なSIM

下のアイコンから購入をタッチすると、通信プラン購入の画面になります。まず、旅行先の国を選択します。なお、一つの国の通信プランは一つしか保持できないので注意してください。イタリアの1日通信プランを購入して使う前に、新しくイタリアの通信プランを購入してしまうと、先に購入したほうが無効になってしまいます。
変なSIM

ここではイタリアの通信プランを購入してみます。日数×500円が料金です。1日のカウントは、使い始めてから24時間なので、午後に現地へ到着して午前中に現地を出発する場合は、滞在日数より1日少ないプランを購入すれば大丈夫です。購入できる日数の最大は7日間です。クーポンの入力欄がありますが、国内用のSIMを購入舌人に配布しているものでネット上で探せるものではないようです。購入する をタッチすると購入します。現地では、ホテルなどWifiがつながる環境でないと、プランの購入ができないので日本にいるうちに購入しておくのがよいです。
変なSIM
変なSIM

プランの購入処理に少し時間がかかるので待ちましょう。
変なSIM

正常にダウンロードが完了すると下の画面になります。これで通信プランが購入できました。
変なSIM

旅行出発前は、下の切り替えボタンで表示される画面で、「国内SIM」になっていること、購入したプランが表示されることを確認しておきましょう。
変なSIM

変なSIM 現地での使い方、イタリアでの利用レポート

変なSIMを実際にイタリア旅行で利用しましたので、そのときの状況も踏まえて現地での使い方を紹介します。貼るSIMカードの場合は、SIMカードの入れ替えは必要ありませんが、SIMプラスチックカードを購入した場合は、SIMカードの差し替えが必要です。イタリア到着時は、以下で紹介する「データローミング」の設定はOFFにしておきましょう。データローミングをOFFにしていても、機内モードを有効にすると、以下の画面のようにvodafone IT(ボーダフォン イタリア)の電波をつかんだ状態になりました。
変なSIM

変なSIMのアプリを立ち上げて、「切り替え」画面で(変なSIM( にタッチしてSIMを切り替えます。※このプランを使う をタッチしてもよいです。
変なSIM

切り替えに少し時間がかかります。
変なSIM

切り替えが完了すると以下のメッセージが表示されます。
変なSIM

このプランを使うをタッチすると、以下の確認メッセージがでますので、はい、をタッチし利用を開始します。
変なSIM

SIMカードのAPN設定は自動的に以下が表示されたので、これを選択しました。
変なSIM

続いて、データローミングをONにします。Androidの「設定」を開き、「モバイルデータ通信」を選択します。
変なSIM

データローミングの設定があるので、これを有効にします。これで海外通信が可能になります。
変なSIM

海外プリペイドSIMで通信できない原因でかなり多いのがデータローミングを有効にしていないことだと思います。変なSIMは、データローミングを有効にしていないと、下記のように警告がでるので親切です。
変なSIM

イタリアで無事に通信が可能になりました。残り時間のカウントダウンが始まりました。データローミングを有効にしたこと以外は特別な操作なく簡単に接続できました。
変なSIM

変なSIM イタリアでの通信速度

ミラノ、ヴェネツィアで利用しましたが、使っていて問題ない速度でした。200MBの通信容量もホテルや特急ではWifiが使えたので、24時間(実質1.5日)使いまくっても余裕がありました。
ミラノで通信速度を計測した結果は下記の通りです。
変なSIM

こちらの記事では、LTE対応のプリペイドSIM「AIS Sim2Fly」のヨーロッパ各国での通信速度を計測していますが、これらを上回る速度が出ました。変なSIMは通信速度的には問題なさそうです。

ただし、イタリアの携帯は室内では大変繋がりにくいようです。レストランなどでスマホを使うために外に出る人を多く見かけました。

変なSIM と旅行先ごとの格安プリペイドSIMの比較

レビューの結論でも述べたように、変なSIMはコスパの面では最強ではありません。下記の表は、旅行先ごとに安い海外プリペイドSIMを調査した結果を掲載しています。参考にしてください。

渡航先お勧めSIM価格通信量/ 期間/ 速度商品詳細ページ(Amazon)
ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、ポーランド、チェコ、オーストリア、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーなど)Threeデータ通信プリペイドSIM1,130円1GB/ 30日間/ 3G詳細
台湾亜太電信 台湾プリペイドSIM740円無制限/ 5日間/ 4G詳細
香港(だけ)中国移動香港 4G・3Gデータ通信無制限 4日間プリペイドSIM590円無制限/ 4日間/ 4G詳細
香港とマカオ中国聯通香港 香港・マカオ 7日間データ使い放題プリペイドSIM740円無制限(1GB)/ 7日間/ 4G詳細
タイ【AIS】タイ プリペイド SIM7日間 データ通信無制限570円無制限(2.5GB)/ 7日間/ 4G詳細
韓国[Three] 韓国 4Gデータ通信 使い放題 プリペイドSIM6日間 PLUG TO GO900円無制限(3GB)/ 6日間/ 4G詳細
シンガポール・マレーシア[Three] シンガポール3GB マレーシア500MB 4G データ通信プリペイドカード 10日間 PLUG TO GO930円シンガ3G、マレー500MB/ 10日間/ 4G詳細
中国4Gデータ通信 中国本土31省・香港 7日間 プリペイドSIM1,300円2GB/ 7日間/ 4G詳細
フィリピン、インド、カンボジア、ラオス ミャンマー、ネパールアジア 14ヶ国 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G SIM2Fly1,450円3GB/ 8日間/ 4G詳細
オーストラリア、ニュージーランドThreeデータ通信プリペイドSIM1,130円1GB/ 30日間/ 3G詳細
アメリカ、ハワイ※1READY SIM アメリカ本土、ハワイで利用可能 データ通信500M、7日間2,090円500MB/ 7日間/ 4G詳細

※1 アメリカは使える通信帯が1900MHzと特殊なのでスマホが対応しているか確認が必要です。iPhoneや全世界展開しているSIMフリースマホは対応している場合が多いです

変なSIM iPhone版の販売停止

9月中旬あたりから、変なSIMの公式サイトで、iPhone版が利用できなくなっており、原因不明で調査中、との情報が出ていました。その後、Appleの規約違反でiPhoneアプリが起動していなくなっているという情報がでまわりました。あわてて手元にあったiPhone版の設定手順のパンフレットを確認したところ、下記の記述がありました。

これはiPhoneアプリのビジネスに関わっている人であれば、誰でも知っている、初歩的かつ根本的な「完全にアウトなやつ」です。規約を知っていたら、このような行為は怖くてできないので、知らないで違反してしまったとは思うのですが、多くの旅行者の方に取り返しのつかない迷惑をかけてしまっています。H.I.S.モバイル自体もこのミスで莫大な損失をおったはずですが、海外でスマホが使えないというのは、旅行計画に大きなダメージを与えます。このようなことがないように十分注意してもらわなくてはいけません。もし、このサイトを見てiPhone版を購入された方がいらっしゃったら、大変申し訳なく思います。

以上、変なSIM(海外SIM)について詳しく解説しました。

ヨーロッパ旅行でのコスパで言ったら下記のThreeのSIMが最強だと思います。

ThreeのプリペイドSIMが3Gなのに対し、LTE対応で人気なのがAIS Sim2Flyです。徹底的に比較した結果を下記の記事で解説しています。

ad

-プリペイドSIM
-, , , , , , ,